ママにも出来る害虫駆除

園芸・農業大好き、でも虫は嫌い!主婦による害虫奮闘記

さるしぃスクイーズを修理。

今日は少し寝不足のモンキーママです。

子供が体調を崩すと寝不足になりがちです。

でも、眠気に負けずに今日も楽しみますよ^^

本日もよろしくお願いします。

 

さて、今日は虫ネタから離れて、モンキーママだけあって

さるしぃネタです。

 

皆様、まらしぃって知っていますか?

YouTubeでピアノの演奏を配信している方です。

子供たちがまらしいさんのピアノが大好きで

先日、初めてコンサートに行ってきたんです。

f:id:kumimamakun:20191121082608j:plain

その時に、会場の入り口に座っていた巨大さるしぃ

まらしぃさんと言えば、さるしぃって感じですね。

その時に購入したものがコチラ。

f:id:kumimamakun:20191121082622j:plain

娘が会場でつけてみたら・・・

f:id:kumimamakun:20191121082632j:plain

こんな感じになりました^^

とても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

その後、家でさるしぃは子供たちの置きたいところに移動し・・・

f:id:kumimamakun:20191121082657j:plain

でも、早々このようになってしまいました。

机に挟まったときに強引に引っ張ったようです。

このままではかわいそうなので、修理をすることにしました。

f:id:kumimamakun:20191121082808j:plain

使うアイテムはこちら。

ペンチとアクセサリーのパーツ。

どれを使い修理するかわかりませんね、この写真ならね。

f:id:kumimamakun:20191121085636j:plain

丸カンです。

1円と比較するとこんなに小さいんですよ。

 

さて、修理開始です。

ストラップとさるしぃスクイーズを繋げるために使うのが丸かんです。

丸カンを広げてストラップとスクイーズを繋げて、

ペンチで丸カンを閉じるだけです。

あっという間に修理が完成です。

f:id:kumimamakun:20191121082822j:plain

以前アクセサリーを自己満足で作っていたことが

少しは役に立ったようで、下手でもチャレンジすることは良いですね。

早速、さるしぃスクイーズは子供のカバンに戻り

一緒に学校に行きました。

そろそろ、インフルエンザという言葉を耳にするので

皆様、体調を崩さないように気を付けてくださいね。

 

では、また明日~。

 

イノブタ対策グッズ

今朝もいい天気、朝から元気いっぱいモンキーママです。
よろしくお願いします。


さて、先日から我が家の裏山にイノブタがやってくるという話しを
記事にしています。

 

www.mama-gaityu.work

www.mama-gaityu.work

 

その後、市役所が捕獲に乗り出したのですが、子供が誤って怪我をすると大変という
理由から、捕獲罠の設置は見送りになり、代わりに防護フェンスを設置することにな
りました。

おかげでイノブタの目撃が少し減ったように感じます。


さて、我が家の家庭菜園、天敵はイノブタだけではありません。農薬を極力減らしているので虫の被害(ヨトウムシ)が止まりません。

 

虫に食べられて枯れてしまったものや、葉っぱがボロボロになったものも数知れず。

 

f:id:kumimamakun:20191120083732j:plain


それでも、虫やイノブタにも負けず、元気に育ってくれたナス!

f:id:kumimamakun:20191120083809j:plain

改めて大事に頂きたいと思います。

 

最後にイノシシ(イノブタ)除けの商品をご紹介!


『猪レスSTOPテープ』

イノシシが本能的に危険と感じるニオイと猛獣のニオイのダブル配合。侵入を防ぎたい場所をテープで囲うだけ。

f:id:kumimamakun:20191120083921j:plain

とりあえず、設置してみました。


効果があることを期待しています。


では、また明日~。


 

ヨトウムシを飼育してみた 第二話

本日も快晴、元気いっぱいなモンキーママです。
本日もよろしくお願いします。

 

さて、日頃から私の農園を荒らしまくっている『ヨトウムシ』
敵を知るため(興味も半分)一度飼育してみようと思い立ちました。

 

f:id:kumimamakun:20191119082235p:plain

かわいいフリー素材集いらすとや から拝借

 

先日こんな記事を書きました。

 

www.mama-gaityu.work


本日はその続きの話しです。


『ヨトウムシ』とは?
野菜を中心にほとんどの野菜を食害するヨトウガと呼ばれる蛾の種類の幼虫です。
旺盛な食欲から大切な野菜をたちまち穴だらけにしてしまう憎き相手なんです。


飼育してみてわかった事は、

とにかく『大食漢』
葉っぱが穴だらけになるはずです。

 

キャベツをこれだけ入れておいたのですが・・・

 

f:id:kumimamakun:20191119082253j:plain

翌日にはこんな状態です。

f:id:kumimamakun:20191119082244j:plain


さすがはヨトウムシ。
夜盗虫の字の通り、夜の間に葉っぱをムシャムシャ。朝になると土に潜っていて
姿すら見えません。

 

ヨトウムシが大量発生している畑では、夜になると葉っぱを食べる音が聞こえてくるのだとか・・・ホラーですね。


我が家のヨトウムシもこの食欲。


今度現れた時にものすごく大きくなっていたらどうしよう!と少し恐怖を感じ始めました。でも、姿を現したら、意を決して写真を撮ろうと思ってます!

 

では、また明日~。

コクヌストモドキ駆除 一ヶ月後の報告

今週のスタートも快晴、元気いっぱいモンキーママです。
本日もよろしくお願いします。


さて、先日来こんな記事を書いています。

 

www.mama-gaityu.work

www.mama-gaityu.work

 

農業を営む両親からもらったお米に虫が大発生、駆除に乗り出したという話し。

ざっくりとおさらいすると・・・

・虫はコクヌストモドキと判明。
・専用のフェロモントラップを仕掛けた。
・一週間後には11匹捕獲できました。

今回はその後、一ヶ月経過後の報告をさせてもらいます。


結果から言うと『一週間後と変化なし』


正直なところ、大量のコクヌストモドキが付着していると想定し、恐る恐るフェロモントラップを開けてみたのですが・・・

f:id:kumimamakun:20191118082752j:plain

少々拍子抜けでした。(もちろん、それ以上の虫はいなかったということなので、喜ばしい事ではあるのですが。)

 

念のためお米の中を目で確認したのですが、コクヌストモドキは見当たらなかったので、しばらくは安心といったところでしょうか。


ここで、ちょっとコクヌストモドキについてお勉強

・体長は3~4mm、体色は赤褐色で光沢は少ない。幼虫は6mmに達する。
・体は扁平で成虫になると飛翔する事が出来る。
・寿命は長く、適温(25~30℃)であれば200日以上生存する。
・雌は毎日2~3個ずつ産卵し、生涯で500~1000個産卵する。
低温には弱い。

 

とりあえす、コクヌストモドキの弱点は低温、これからの季節はひとまず安心だと思います。ただ、来年の春からは何か対策をとらないと、今年と同じ事が起きそうです。


冬のうちに虫についてしっかり勉強し、来年に備えたいと思います。


では、また明日~。

空き時間の活用方法

朝からなんだかドキドキしているモンキーママです。

今日は子供の将来が決まるかもしれない受験の日。

子供よりガチガチで、今も打ち間違いばかりです^^;

 

本日もよろしくお願いします。

今日はいつもの虫ネタから離れて、私の退屈な時間の過ごし方について

書きたいと思います。

私は基本、退屈な時間が嫌いです。

なので、私のカバンにはいつも3種類のアイテムが入っています。

 

1、本        ←これは皆さんも持っていますよね^^

2、スマホ&イヤホン ←これはもっと一般的。というか皆必須!!!

3、縫物       ←あまり見ないかもしれないですね^^;

 

この3つがあると、どんなシーンでも退屈しない私。

 

電車の中・・・・・・スマホ&イヤホン(混雑時←音量を下げています。)

          読書(席に座れた時&長時間乗車する時)

ショッピング中・・・スマホ&イヤホン(電車の中より少し大きめの音量。)

予期しない待ち時間・読書かな。

         ・広い場所で迷惑をかけなければ縫物をするときも。

待ち時間が長いのが確定の時(私の場合は病院の待ち時間)

         ・読書(すぐ呼ばれそうな時)

         ・縫物(とんでもなく長い時間待つ時)

                  ↑

             私の場合、最長6時間(病院にて)。

 

このようにしていると、待ち時間がとても楽しくなるのです。

特に、長すぎる待ち時間は私にとっては癒しの時間でもあります。

待ち時間が長いほど、作品が進むのでうれしいですね。

ちなみに、縫物は子供が起きている間は家ではしないことにしています。

もし、針を落としていたらと思うと落ち着いてできません。

なので、家では進まないのです。

もちろん、家の外でするには気を付けていることはありますよ!

針は決まった数しか持っていかない!場を離れるときは針の数確認!

極力場所を取らないようにする。

ごみは家に持ち帰る(糸くずは携帯のごみ袋にイン)。

 

上記のような勝手なルールを自分に作って出来た作品を

今日は紹介したいと思います。

かなり下手ですが、ごめんなさい!←先に書いておきます。

 

第一作はこちら。

f:id:kumimamakun:20191117073740j:plain

本当の初心者用のクロスステッチ刺繍です。

これも待ち時間で作ったので、製作期間6か月だったかな。

 

これが2作目。

f:id:kumimamakun:20191117073750j:plain

2作目は少し難しいものと思い、これをチョイス。

1作目も2作目も見本通りには全く縫えていなくて

かなりと勝手にアレンジして完成です。

これは45cmサイズのクッションカバーなので、私にとっては大作!!!

ということで、待ち時間だけ縫い続け1年6か月で完成させました。

 

そして、今3作目に取り掛かり中です。

おそらく完成は…2年後かな?

2作目よりもっと難しいものにトライしているので…進まない。

 

頑張ります!待ち時間だけで^^

 

でも、チクチク指示通り縫っているのがつまらなくなってきた私。

見つけてしまったのです!

次の目標を!!

 

f:id:kumimamakun:20191117073759j:plain

これです。

クロスステッチを使い、出来た素敵なお家♪ 

買い物に行ったときに一目ぼれ。

秒でレジに向かっていました^^

 

今度はこれを参考に、単なるクロスステッチ刺繍から脱出してみたいです。

より待ち時間が楽しくなりそうな気がします。

 

では、また明日。 

  

トゲナナフシ最終話 遺産整理

土曜日も5時に起床、朝から元気なモンキーママです。
本日もよろしくお願いします。

 


さて、昨日も紹介させてもらいましたが、ここ二週間ほど『トゲナナフシ シリーズ』を書いてきました。

 

www.mama-gaityu.work

www.mama-gaityu.work

www.mama-gaityu.work

www.mama-gaityu.work

www.mama-gaityu.work

 

いよいよ本日をもって最終話となります。


昨日、トゲナナフシの亡骸は裏山にそっと返しておきました。


さて、トゲナナフシがいなくなった飼育カゴ(タッパーですが)を整理していると、

見つけちゃいました。

 

f:id:kumimamakun:20191116072852j:plain

 

『トゲナナフシの卵』と思われる物体。


早速ネットで調べてみると、形状もそっくり。

 

なんと、たった二週間の間にちゃんと次世代へのバトンタッチが行われていたようです。こうなったら、来年の春まで私が責任を持って卵を保管しなければなりません。

f:id:kumimamakun:20191116072953j:plain

f:id:kumimamakun:20191116073001j:plain

湿度を一定に保てるように気を付けて、後は風通しの良い室外に置いておくことにします。ちなみに室内に保管しておくと、暖かさから、卵が孵化してしまうことがあるようなので注意が必要です。


後は静かに春を待ちたいと思います。

 

来年には『トゲナナフシ シーズン2』が始まるかもしれません。


では、また明日~。

 

 

サヨナラ トゲナナフシくん

本日は朝から少し元気のないモンキーママです。
よろしくお願いします。


先日からシリーズでこんな記事を書き続けてきました。 

 

www.mama-gaityu.work

www.mama-gaityu.work

www.mama-gaityu.work

www.mama-gaityu.work

 

そう、トゲナナフシを初めて見つけ、飼い始めたのが11月初め。

f:id:kumimamakun:20191115080518p:plain

                 かわいいフリー素材いらすとや より拝借


それから約二週間、いろいろと観察してきましたが・・・


とうとう、死んでしまいました。


今週初めはまだ元気に餌を食べていたのですが、ここ数日餌を食べることもなく
あまり動かなくなってきていたので、ある程度覚悟はしていました。

f:id:kumimamakun:20191115080313j:plain

今朝見てみると黒く変色し、動かなくなっていました。


今まで全く見向きもしなかった小さな虫ですが、飼ってみると情は移るもの。
少々寂しい気持ちになってしまいました。

 

静かに裏山に返してあげようと思います。

 

では、また明日~。